top of page

税理士の年齢層~契約をする上で注意する点~

税理士業界は伝統的に高齢層が多いとされ、平均年齢は60代というのが一般的な認識です。しかし、この業界においても、20代や30代の若手税理士が存在し、彼ら新鮮な視点を持ち込んでいます。少数ながらも、この若手層が業界に革新的な変化をもたらす可能性を秘めています。この記事では、若い税理士の特性と、彼らが伝統的な税理士業界にどのように新しい価値を提供しているかを掘り下げます。


1,税理士業界の年齢層

導入でも記載した通り税理士業界は非常に年齢層が高めの業種となっており少し古いデータとなりますが2015年の日本税理士会連合会の調査によると税理士の年齢層の分布は以下のようになっております。

- 20代:0.6%(187人)

- 30代:10.3%(3,358人)

- 40代:17.1%(5,599人)

- 50代:17.8%(5,817人)

- 60代:30.1%(9,868人)

- 70代:13.3%(4,343人)

- 80代:10.4%(3,421人)

高齢化の要因としては税理士に登録する方法として試験を受ける方法が主流ですが国税庁の国税専門官として23年以上従事している場合試験が免除されるという制度があるためです。そのため、国税庁退職後税理士登録される方が多いため高齢化につながっております。


 

2、若い税理士の特徴 ①新しいシステムへの対応が早い ・テクノロジーへの適応力:若い税理士はデジタルネイティブ世代であり、新しい技術やシステムを素早く取り入れ、活用する能力があります。 ・イノベーションの推進:自動化ツールやクラウド会計ソフトウェアなど最新のテクノロジーを活用することで、業務の効率化と正確性を高めています。特に近年は生産性向上のためのソフトやシステムが数多く普及しているため対応するのが少々難しくなっております。 ②コミュニケーションが取りやすい ・オープンでフレンドリーな対話:若い税理士は、クライアントとのコミュニケーションにおいて、よりオープンでフレンドリーな対応が多いです。 ・多様なコミュニケーション手段:電子メールやSNS、ビデオ通話など、様々なコミュニケーション手段を活用しています。特に最近ではLINE等でのやり取りが主流となってきているため比較的年齢が若くないと対応するのが難しくなってきております。 ③ 業務の効率化 プロセスの最適化:業務プロセスの見直しや最適化によって、時間を節約し、より効率的なサービス提供を可能にしています。 クライアントへの付加価値:時間の節約と効率化により、クライアントへの付加価値の提供により多くの時間を割くことができます。


④レスポンスの速さ

税理士業はお客様からの質問が来た際に回答する時間は人によってまちまちです。ただし、高齢の方のレスのスピードと若い税理士のレスのスピードを比較するとやはり若い税理士の方がレスが早いように思われます。


 

3、税理士とどこで出会えばよいのか?

自分の求めている年齢層の税理士を探しているけれど、どこで会えるのかわからないという方は多いでしょう。税理士に会うための主な方法は、ネット検索、人づての紹介、そして相談会の参加です。それぞれの方法を詳しく見てみましょう。 ①ネット検索:最も手軽で一般的な方法です。インターネットで「税理士」と検索すれば、地域や専門分野に応じた税理士のリストが表示されます。多くの税理士が自身のウェブサイトやプロフィールを公開しており、サービス内容や専門分野、料金などの情報を確認できます。また、オンラインでの相談予約も可能です。 ②人づての紹介:信頼性の高い方法の一つです。ビジネス関係者や知人から税理士を紹介してもらうことで、信頼できる専門家との接点を持つことができます。紹介された税理士は既に実績や信頼性がある程度確認されているため、安心して相談できます。割合としては紹介で探される方が最も多いかと思います。 ③相談会の参加:地域の商工会議所や税務署、専門機関が開催する税務相談会に参加するのも一つの方法です。これらの相談会では、複数の税理士が参加しており、無料または低価格で税務に関する相談ができます。ここで税理士との初めての接点を持ち、後に正式な顧問契約に繋がることもあります。


 

まとめ 税理士業界における年齢層の多様性とその意義をまとめると、高齢層が主流を占める中で、若手税理士の存在は重要です。彼らはテクノロジーへの適応力、効率化への注力、そしてコミュニケーションスタイルの新鮮さをもたらしており、これにより業界全体のイノベーションとサービスの質の向上が期待されます。若手税理士にアクセスする方法としては、ネット検索、人づての紹介、または相談会への参加が効果的です。これらのアプローチを通じて、ビジネスオーナーや個人は、自分のニーズに合った税理士を見つけることが可能となります。


ご相談の方は以下よりお問い合わせください。

初回は相談無料となります。


※上記記事は令和5年12月時点の情報に基づいて記載しております。

※上記記事は一般的な内容を記載しているため判断の際は専門家へのご相談をお願い致します。









閲覧数:97回0件のコメント

Comments


bottom of page