top of page

税理士の活用方法と相談時のポイント。

日本のビジネス環境は日々変化し、新たな事業が増えています。その中で、企業や個人事業主が直面する税務の問題は非常に複雑です。この記事では、税理士との相談の重要性やその効果について深掘りします。現在税理士をお探しの方、税理士と契約しているがどのような活用方法があるのか疑問に思っている方は是非ご覧ください。 1. 税理士とは? 税理士は、税に関する専門的な知識を持った専門家です。主に、税務申告や税務相談などを担当します。税法は頻繁に改正されるため、その変更を常にキャッチアップしている専門家のサポートが必要です。また、税制改正以外にも既存の税法も非常にボリュームが多く条文の解釈は専門家でも困難を要するため事業を展開する場合はサポートが必要となります。



 


2. 税理士に相談するメリット

①節税対策 税金はビジネスの大きな負担となることがありますが、適切な節税対策を行うことでその負担を軽減することができます。税理士は、最新の税法を理解し多くの節税方法を経験しているため問題点や注意点などをお伝えすることも可能です。また、行っている事業や規模によって方法は様々であるためそのような点でも適切なアドバイスが可能です。 ② 正確な税務申告 税務申告は、適切に行わないと後で税務調査などのトラブルの原因となります。税理士のサポートを受けることで、正確かつ適切な税務申告を行うことができます。税法は毎年税制改正という名称で改正が行われております。そのため、専門家でない方が常にそのような改正内容を理解し事業を行っていくことは至難の業です。専門外のことを税理士に相談することにより時間の節約にもなりますし、適切な申告が可能となります。特に近年は消費税が非常に複雑となっており問題となるケースが多く散見されます。 ③ビジネスの戦略的なアドバイス 税理士は、単に税務の専門家であるだけでなく、ビジネスの成長や経営戦略に関するアドバイスも提供する場合がございます。(そのようなコンサル業務を行う税理士事務所も存在します。)ただし、税理士が多くの業種を数字で見ているからと言ってすべての業種に適した助言をするというのは難しいです。そのような、経営についての相談を依頼するということであればその業種に精通した税理士にご依頼するのがよろしいかと思います。


 

3. いつ税理士に相談すべきか ①事業のスタートアップ時 事業を開始する際、税務や会計のセットアップは非常に重要です。初期の段階で税理士に相談することで、後々のトラブルを避けることができます。特に最近のご相談で多いのが開業当初ご自身でやっていたが途中からわからなくなってしまっただったり、あっているのかどうか不安というケースです。そのような場合でも税理士に相談可能ですがそれであれば当初からご相談いただくのがよろしいかと思います。開業時にご自身で行うのをお勧めするのは経理の経験がある方になります。 ②税務申告の時期 税務申告の時期には、税理士との綿密な打ち合わせが必要です。細かな取引や経費の確認を行い、適切な申告をするためのサポートを受けることができます。こちらも申告月のご依頼であれば細かな確認ができなかったり、特急料金が発生する場合もございますので税理士にご相談する際はある程度余裕をもってのご相談をお勧めします。また、利益が大幅に見込まれるとうことであれば決算に向けての提案も可能であるため決算月の3か月前にはご相談いただくことをお勧めします。 ③事業の拡大や経営の転換点で 事業の拡大や方針の変更、M&Aなどの大きな経営判断をする際には、税理士の意見やアドバイスを取り入れることが有効です。(税理士の中でも得意・不得意がございますので組織再編やM&Aについてはその分野の専門家にご依頼が必要となります。)基本税金の取り扱いが問題になるのは事業を大きく転換する際となります。また、そのような場合、税理士以外にも弁護士や司法書士の意見も必要となる場合がございます。


 

4. 税理士との効果的な相談方法 ①明確な目的を持つ 税理士に相談する際には、何を達成したいのか、何が知りたいのかを明確にすることが重要です。それによって、効果的なアドバイスを受けることができます。 ②準備をする 過去の財務諸表や税務申告書、関連する契約書などの資料を準備しておくことで、具体的なアドバイスを受けやすくなります。事前にご相談内容をお伝えし、税理士に必要書類を聞いてみるのが良いと思います。 ③継続的なコミュニケーションをとる 一度の相談だけでなく、継続的なコミュニケーションをとることで、ビジネスの状況や変化に応じたアドバイスを受けることができます。

まず、ご相談についての回答をする際最も重要となるのが前提事項です。今後の事業展開やどのような設備投資を行うか等の事項となります。そのような、判断要素は継続的なコミュニケーション(情報の共有)ができていなければ共有できないため相談しやすい税理士というのは非常に重要となります。


 

5. まとめ 日本のビジネス環境は絶えず変わり、税務の問題も複雑化しています。税理士は税務に関する専門家で、税法の変更を追いつきながらアドバイスを提供します。税理士に相談するメリットとして、節税対策、正確な税務申告、そしてビジネスの戦略的アドバイスが挙げられます。特に、事業の開始時や税務申告の時期、大きな経営判断をする際に税理士の意見は非常に有効です。税理士との効果的な相談には、明確な目的を持つこと、必要な資料の準備、そして継続的なコミュニケーションがキーとなります。ビジネスを展開する上で、税理士との適切な関係構築は不可欠です。


ご相談の方は以下よりお問い合わせください。

初回は相談無料となります。

https://www.kitasennjuzeirisi.com/contact


※上記記事は令和5年10月時点の情報に基づいて記載しております。

※上記記事は一般的な内容を記載しているため判断の際は専門家へのご相談をお願い致します。









閲覧数:7回0件のコメント

コメント


bottom of page