top of page

「足立区の税理士」が解説する地域に根ざした税務対応!!

1、足立区の特徴 足立区は、東京都の北部に位置するエリアであり、商業、住宅、そして工業が共存する地域です。このような多様性が、足立区の経済を形成しています。そして、その経済の裏には、多くの中小企業や個人事業主が存在し、それぞれのビジネスには税務上のニーズがあることは言うまでもありません。

少し古いデータとなりますが「平成28年の経済センサス」(https://www.city.adachi.tokyo.jp/documents/45010/katsudokekka1.pdf)によれば事業所数は2万3,557事業所数で23区内で第8位と上位であり卸・小売・製造業・飲食業のウェイトが高いようです。 近年では、医療・福祉分野の事業所数の増加が目立っているのも注目ポイントの一つです。また、国土交通省の発表した不動産価格指数によると上昇率の1位・2位が足立区であり今最も都内で注目を集めている地域といっても過言ではありません。


 

2. 税理士の役割 税理士は、税に関する専門家として、税務申告や税務対策、経営アドバイスなどを行う役割を持っています。特に地域性が強い足立区では、地域の特性や文化を理解したアドバイスが求められることが多いです。

以前の記事でも記載しましたが基本業務は税務書類の作成・税務代理・税務相談であり、補助金・融資サポートなどは他の事務所との差別化で行っているというケースが多いです。ただし、社会一般的には税理士=お金の専門家というイメージが強いため税務以外の事項についても相談できる専門家という役割も必要不可欠ではないかと思います。

 

3. 足立区における税理士の重要性

足立区の税理士が他の地域の税理士と比較して大きく異なるのは地域との密着が強いため足立区の事業者様と交流がある点と地域特有の制度を知っている場合が多いという点です。

まず、足立区の事業者様とつながりがあるというのは例えば店舗をオープンする場合足立区内の業者さんを紹介できたり金融機関とのつながりもあるため紹介を行うこともできる可能性が高いです。次に地域の制度を知っているというのは足立区特有の補助金や制度融資の知識を融資ているという点です。そのような点で足立区の税理士は他の地域の税理士と異なるかと思います。 また、足立区は事業所数に比較して税理士が少ないというのが実態です。そのため、新宿区・渋谷区・港区等の税理士が非常に多い地域と比較して税理士の選択肢が非常に少ないため自分に合った税理士であれば長いお付き合いをお勧めいたします。


 

4.足立区の税理士を選ぶ際のポイント

税理士を選択するうえで重要なポイントはいくつかあるのですが私が特に重要だと思う事項をピックアップいたしました。

①専門性: 自社の業種やビジネスモデルに特化した税理士を選ぶと、より適切なアドバイスを受けることができます。近年業種特化の事務所が多くなってきておりますので一度自社の運営している業種の専門税理士がいないかどうか検索してみることをお勧めいたします。 ② コミュニケーション: 税務の知識は専門的で複雑です。自分の疑問や懸念をしっかりと伝え、理解できる言葉で説明してもらえる税理士を選ぶことが重要です。特に、税理士と契約して年1回のみの打ち合わせのみですと相談が非常にしづらいため年数回対面で会ったり、連絡を取ったりするのがベストだと思います。 ③料金: 費用対効果を考慮し、自社の予算内で最適なサポートを提供してくれる税理士を選ぶことが大切です。安すぎてもサービスが手薄になりますし、高すぎてもコスパが悪くなるので何社か見積もりを取って比較されるのが良いかと思います。

④足立区特有の制度を知っているのか?:足立区の税理士と場所を限定するということであればその地域の特殊性をよく理解している税理士の方が適切なアドバイスをしてくれることが多いです。前項で記載した足立区の制度融資や補助金がまさにそれです。ただし、税理士の中でもそのような制度まで網羅している方は少ないので重視するポイントの中では優先順位は低いかと思います。


 


5、足立区の税理士がお勧めする制度

①制度融資 制度融資とは地方自治体・金融機関・信用保証協会が連携して提供する融資で一般的な金融機関との借入れと以下の点で異なります。

良い点

・一般的な融資より借入れがしやすい。

・金利が低い。

・据え置き期間が長い。

・種類にもよるが保証料・利息を負担してくれるものもある。

悪い点

・融資の実行まで期間を要する。(おおむね3か月程度)

・制度融資の種類によっては何度も区役所にいかなければならない。

・連帯保証を求めるものもある。

②小規模事業者経営改善補助金

こちらの補助金は足立区で募集されているもので、経営改善計画を通して小規模事業者の競争力の強化を図るための補助金となります。

申請期限が定められているためお申込みはお早めに!

③日本政策金融公庫の新創業融資

日本政策金融公庫が実施している創業を支援するための融資制度となります。何よりの特徴は無担保・無保証で融資を受けられるという点です。

良い点

・無担保・無保証

・融資実行までのスパンが比較的早い

悪い点

対象者の要件がある。

④賃上げ促進税制

基本税理士に依頼している場合、要件に該当しているようであれば使用しているケースが多いですが前年の従業員に対する給与と比較して一定割合増加していればその増加金額の一部を法人税額から控除することができるという制度であります。利益が出ている事業者であれば使用できるか否かの判定は必要かと思います。

以下中小企業庁の賃上げ促進税制のサイトとなります。


 


6、まとめ

以上、足立区の特徴から税理士の役割、そして税理士がお勧めする制度まで、様々な情報をお伝えしてきました。足立区でのビジネス展開を考えている方や、既にビジネスをされている方にとって、税務は避けては通れない道です。その道をしっかりとサポートしてくれる税理士の選び方や活用方法を知ることは、経営の成功への大きな一歩となります。 足立区は急速に成長しているエリアであり、その中での税務戦略はビジネスの成功を左右するキーとなります。この記事が、足立区でのビジネスと税務の理解を深める一助となれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ご相談の方は以下よりお問い合わせください。

初回は相談無料となります。

https://www.kitasennjuzeirisi.com/contact


※上記記事は令和5年10月時点の情報に基づいて記載しております。

※上記記事は一般的な内容を記載しているため判断の際は専門家へのご相談をお願い致します。









閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page